知ってます??要約

メールマガジンvol.7の話題

第七回のメルマガ「知ってます??」のコーナーは「五月病」です。 ゴールデンウイーク明けは特に注意が必要なようです。

「知ってます??」五月病についてのまとめ目次

五月病とは?

タイトル画像
  • 新社会人に5月頃に多く見られる「五月病」。新しい生活に夢中でいる間はいいのですが、少し落ち着いてきた5月頃に、知らずしらずのうちに蓄積されていた心身の疲れや、新しい環境や人間関係などについていけないストレスのせいで、やる気が出ない、ふさぎこんでしまうなどの状態になることをこう呼んでいます。
  • 最近は、新人研修などが終わって実際の仕事をはじめた後の6月頃に見られることが多いため、「六月病」などと呼ばれることもあります。
  • この五月病と六月病、実はどちらも病院などで使われる正式な病名ではなく、きちんとした定義はありませんが、医学的に考えると、このように環境の変化についていけないことで起きる精神疾患として「適応障害」、「気分障害」があります。

五月病に打ち勝つ施策!

タイトル画像
  • 如何にストレスと向き合うかがポイントなるようです。以下に、いくつか有効な対症法を挙げてみました。
  • 1)何に自信を失っているかを探す
    実際にあなたが感じているストレスを書き出してみよう。「嫌なこと」「先輩や上司の気になる言動」など、思いつくままにノートに書き出してみるのもいいのでは。
  • 2)不満を口に出す
    大声を出せる場所を探して、実際に言葉に出してみるのもいい方法です。カラオケボックスや車の中などで思い切り不満を声に出し、すっきりするまで言葉してみると、体の「内」にあるストレスを意識的自分の「外」に出ことができて、すっきりできるようです。
  • 3)自分にねぎらいの言葉をかける
    「今までよく頑張ってきたね」「無理させてごめんね」など、無理せざるを得なかったあなたにねぎらいの言葉をかけてみましょう。
    心の中でつぶやいてもよいのですが声に出すとより効果的なようです。

サザエさん症候群

タイトル画像
サザエさん症候群とは?
 五月病に似た症状なのが「サザエさん症候群」です。 主に学生や会社員など、月曜日から学校や勤務が始まる人に起こりうる症状とされています。この症例は休日の終わり、仕事の始まりを実感し憂鬱になるものであり、ごく軽度のうつ病の一種とする説もあります。
なぜサザエさんなのか?
長年にわたり日曜の夕方の番組として「サザエさん」が放送されていて、「サザエさん」を見ると休日の終わりを意識してしまい憂鬱になることから、このように呼ばれるようになりました。
日本以外では…
 世界的にはBlue Monday(ブルーマンデー)と言われ、休日明けの物憂い月曜日として広く認識されています。